LPIC Level3 になりました

前回LPIC202試験に合格し、晴れてLevel 2になったのが8月のの盆休み明けでした。

その時の記事はこちら↓

それから、約1ヶ月。Level 2 の認定証が届く前に、Level 3 になりました。

受けた試験は304試験です。

仮想化と高可用性がテーマとなっています。

この304試験は2022年10月末をもって終了します。

すでに後継となる305(仮想化)・306試験(高可用性)がスタートしていますが、

あえて古い試験を受けました。

理由は2つあり、

1、Kindleのセールで黒本が安かった。

2、社内で新試験はまだ認定されていない

この2点で古い304試験を受けることにしました。

学習方法

まずはKindleで黒本を流し読み。

その後はping-tで1項目ごとに一通り演習。

未出題が0になったところで、

全選択でひたすら空き時間にやりました。

時間があれば模擬試験を実施しました。

試験2日前から仕上げで黒本の模試試験を解きました。

最終的に7割前後しか解けませんでしたが、

当日は朝から黒本を再確認していました。

試験本番

毎度の試験を受けているところで受験しました。

余計な不安は避けたいので、いつものところ。

試験が始まれば、ひたすらポチポチ。

黒本の模擬試験がかなり類似していた印象です。

記入問題も8問出ました。

自分の中ではかなり自信がありましたが、思っていたよりは点数が伸びていませんでした。

しかし、結果は合格でした。

10月末までに受ければいいかと思っていましたが、無事に9月中に取得できました。

その他

Level 1や、2 は2つ試験を受けなければ認定されませんが、

Level 3 は1個受けるだけでいいので精神的にはかなり楽でした。

試験はもう終了してしまうので、アドバイス的にはもう難しいですが、

勉強の仕方はだいぶ身についたかなという印象です。

今後は来年に向けて、ネットワークの学習を進めたいなと思っています。